本文へスキップ

宇佐市 大分県観光案内 楽しむ旅行のご提案

宇佐市の観光案内

宇佐市(うさし)は、大分県の北部、国東半島の付け根に位置する市です。
全国4万社余りの八幡宮の総本宮・宇佐神宮があり、正月には全国からの参拝客でにぎわいます。

響山公園

響山公園 大分県観光案内

国道10号線から県道625号線へ走り、さらに県道44号線をしばらく行くと響山が見えてきます。響山は市民の憩いの場として親しまれており、特に桜の季節には、まるで別世界に入りこんだような景色となります。また、梅雨の風物として、古くから愛されている約3,000本のあじさいが公園を彩ります。雨にも映える赤、白、紫色の色鮮やかなあじさいは多くの人を和ませてくれます。


住所 大分県宇佐市四日市上野
TEL 0978-32-1111

詳細はこちら

原始ハス

山渓偉人館 大分県観光案内

全国八幡宮の総本宮である宇佐神宮の大鳥居をくぐると、右手に宝物館があり、その手前の「初沢の池」で一面に広がる原始ハスをご鑑賞いただけます。(開花時期:6月下旬〜8月下旬)原始ハスは、生駒山麓の湿地帯に昔から自生していると言われ、古事記の歌の中にも登場したことから、2,000年以上前より変わらぬ姿で咲き続けていたとされています。


住所 大分県宇佐市南宇佐2859
TEL 0978-32-1111


詳細はこちら

双葉の里

双葉の里 大分県観光案内

相撲界で不滅の69連勝という大記録を打ちたて、1年2場所の時代に全勝優勝8回を含む12回の優勝など偉大な業績を残し、後に「昭和の角聖」「相撲の神様」とまで称されるようになった第35代横綱「双葉山」(本名:穐吉定次)は、明治45年2月9日、父・義広、母・みつゑの次男として、大分県宇佐郡天津村布津部(現在の宇佐市大字下庄)に生まれました。
故郷である宇佐市下庄には、平成11年に双葉山の顕彰とともに宇佐市を広く発信するための観光交流施設「双葉の里」がオープン。


住所 大分県宇佐市大字下庄269番地

TEL 0978-33-5255

詳細はこちら

和間海浜公園

和間海浜公園 大分県観光案内遠浅の砂浜の海で、潮が引くと遠くまで干潟が出現して、潮干狩りには最適。小さな子供でも安心して楽しむ事が出来る。採れる貝は「アサリ」「マテ貝」など。バーベキューも出来るます。


住所 大分県宇佐市大字岩保新田129?3

TEL 0978-32-1111

詳細はこちら

大分県各市町村の観光名所を探す

安岐町 朝地町 安心院町 天瀬町 犬飼町 院内町 宇佐市 臼杵市 宇目町 大分市 大田村 大野町 大山町
緒方町 荻町 香々地町 蒲江町 上浦町 上津江村 杵築市 清川村 久住町 玖珠町 国東市 国見町 九重町 
佐伯市 佐賀関町 三光村 庄内町 竹田市 千歳村 津久見市 鶴見町 直入町 直川村 中津江村 中津市
野津原町 野津町 挾間町 日出町 日田市 姫島村 豊後大野市 豊後高田市 別府市 本匠村 本耶馬溪町 
前津江村 真玉町 三重町 武蔵町 耶馬渓町 山香町 山国町 弥生町 湯布院町 由布市 米水津村

各県観光案内を見る

熊本県観光案内 長崎県観光案内 鹿児島県観光案内 宮崎県観光案内 福岡県観光案内 佐賀県観光案内
高知県観光案内 香川県観光案内